FC2ブログ

電波女と青春男⑦

07-05,2011

終盤に差し掛かり訳が分からなくなってきた電波女と青春男です。

電波女と青春男(7) (電撃文庫)電波女と青春男(7) (電撃文庫)
(2010/12/10)
入間 人間

商品詳細を見る


ストーリー(アマゾン)
どもども丹羽真です。近況としては、ちょっとした事情で貯めていた青春ポイントを使い切ってしまったので、最近干からびそう…という感じ。突然ですが、どうやら今回は、その青春ポイントにまつわるお話じゃなくて、『妄想ポイント』が主軸となるみたいだ。宇宙って途方もなく広いわけだし、俺たちが辿り着けないほど遠くにもう一つぐらい地球があって、そこではやっぱり俺やエリオたちがいて、似たような毎日を送っていて…とか妄想することがあるんだけど。今回はそんなお話。でもどうせ空想奇譚なら。夢がある方がいい。そう、例えば。もしリュウシさんや前川さんやエリオと、人生を共に歩むことになったら、とか。


感想↓(ネタバレ)



一見番外編に見えなくも無い「妄想編」です。

妄想なんだからすごいおもしろそうだな、とか思う時期が僕にもありました。

読んでて思いました
「・・・・・・・」

エリオ√(?)の辺りで思いました。

「あれ? 何で鬱っぽい感じなんだろう?」

なんか誰のルートに行っても他のヒロインと疎遠になって青春も離れてしまって、普通の学校生活になるんですよね。何かものたりないような感じがしてしまいます。

最後にエリオのセリフが出て自分も我に帰りますね
「ハッ!? これは妄想ルートなんだ」

最後に最終巻である8巻に続く要素「リトルスマキン」が登場しました。

電波女と青春男(7) (電撃文庫)電波女と青春男(7) (電撃文庫)
(2010/12/10)
入間 人間

商品詳細を見る

スポンサーサイト



COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK