FC2ブログ

ベン・トー7.5 箸休め ~Wolves,be ambitious!~

09-03,2011

夏休み明けに友達から借りたベン・トー7.5巻です。

ベン・トー 7.5 箸休め ~Wolves, be ambitious!~ (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー 7.5 箸休め ~Wolves, be ambitious!~ (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2011/07/22)
アサウラ

商品詳細を見る


表紙に写るお茶の招待とは――!

ストーリー
半額弁当争奪バトルに青春を賭ける佐藤洋たちHP同好会は、槍水の妹・茉莉花のおねだりに端を発した一泊二日の旅行に行くことに!季節外れの観光地に向かう一行だったが、途中で予期せぬアクシデントに遭ってしまう。そこへかつて出会ったあいつが現れ!?その他に、佐藤たちの旅行のウラで静かに起きた著莪とその友人たちの日常編や、ウェブ掲載された短編、雑誌連載で大反響をよんだ「間食版」も書き下ろし分を加えて収録!もはや短編集ではないボリューム感満点でお届けする、メガ盛りの箸休め、庶民派シリアスギャグアクション、狼が大志を抱く7.5巻。

感想(ネタバレ
今回は短編集だけあって、ジャンプSQに載ったzeroの前に載る奴も乗りました。
一応SQは毎月読んでるんですが(今月は保護がかかってて読めない・・・)二回目でもまあ、面白かったです。というかSQに載るのはたいていまめ知識みたいな奴です。カレーとハヤシライスの違いとか桜でんぶの原料とかえびの尻尾とか・・・・・・

今回登場した「うなぎ茶漬け弁当」

今までで一番今食いたい


今回は、っていうか今回もなんですが
途中途中に主人公が語る残念な友人達の思い出。
なぜか知らないんですが、作者が発揮する情景の表現のうまさ、それと登場人物たちの心情の描写。シリアスなのになぜかこみ上げる笑い。主人公が用いる哲学的表現と友人達の奇抜な行動と思考。


・・・・・・、借りた友達と話しました。

この作者が本気を出したらこの本がライトじゃなくなる

ちょくちょくはさむ小ネタが面白いですね。それに半額弁当と取るときの感動(泣くとかじゃなくて)する展開。どれもかなりツボです。友達が買ってなかったら買ってましたね。

そんでその友達は「狼達の戦いをアニメでどう表現するのか」が期待してるそうなんですが
私的には「主人公の過去をアニメでどう表現するのか」が気になるんですよね。
友達と同意したことは
声優と原画には期待しない
声優が豪華なのは思うんですよ。下野とか竹達彩奈さんとか宮野守さんとか。
ですけど主人公が下野だとシリアスどうすんだよってなって
著我が竹達さんは合うのだろうか、まだ白粉の方が合うんじゃないか。
『魔道士』が宮野守っていうのは合ってると思います。
まあ生みの親である作者と編集さんとかが決めてるであろうなので文句は言えませんけどね。
原画は皆さんご存知「顔が濃い」です。
友達には「アニメーションがすごいかもしれないだろ? それに合わせてるんだよ。 原画に感謝ぁ」ってポジティブに言っときました。

これでも編集に言われて内容をきってるのが驚きです。


今回は箸休めだからなのか(多分違う)
主人公のゲットアップドリームした息子のネタが多かったです。

ベン・トー 7.5 箸休め ~Wolves, be ambitious!~ (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー 7.5 箸休め ~Wolves, be ambitious!~ (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2011/07/22)
アサウラ

商品詳細を見る

スポンサーサイト



COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK