FC2ブログ

魔法科高校の劣等生2 入学編

10-12,2011

魔法科高校の劣等生略して「魔法科」二巻です。

魔法科高校の劣等生〈2〉入学編(下) (電撃文庫)魔法科高校の劣等生〈2〉入学編(下) (電撃文庫)
(2011/08/10)
佐島 勤

商品詳細を見る



ストーリー(アマゾン
どこか達観したような面持ちを見せる劣等生の兄と、彼に肉親以上の想いを抱える優等生の妹。一組の血の繋がった兄妹が、魔法科高校へ入学した。成績優秀、才色兼備な妹・深雪が、主席入学生の慣例として魔法科高校の生徒会にスカウトされた。そして兄・達也も、とあるトラブルを払いのけた事件をきっかけに、違反行為を取り締まる風紀委員にスカウトされる。劣等生(ウィード)にもかかわらず、風紀委員メンバーとなった達也。その活動中に、この学校を人知れず侵食する、謎の組織の存在を感じ取る。





感想(ネタバレるオーガ
内容ではタイトルにあるとおり一巻の続きとなっています。

てか銃薄っ! これがCADか!


今回の見所は一巻ではじらされていた主人公の能力ですね。<分解>っていう一見単純な能力ですけど応用が利くんで戦いではほぼ負けないようなチートですね。

作者があらすじで言っていたんですが。

「既存の枠組みでは評価できないが故に劣等生の烙印を押された少年」

っていうのが主人公のコンセプトなんですね。




・・・・・・、あれ。どっかでみたような・・・?




数年前であり面白いのもあって何もいわれませんが、最近のラノベ作家がこれをやったら比較されるのがオチですよね。それがるうるのどうのこうのなんてタイトルから主人公の位置づけまでモロパクリですね。




レオとエリカはウィード以上の力を見せ付けてくれましたが美月はいまだに『視える』だけなんでパッとしませんね。段々とその能力がいかされてくんでしょうけど。


てか、あずさの見た目をブレイブルーのマコトを想像してしまいます。どうでもいいんですが。




<下>というだけあって一巻の大まかな伏線を回収してキャラの位置を固定させる感じでした。
次は九校戦なんで期待です。大覇星祭は走ってるだけで終わったんでこっちこそは・・・!



Web小説なんでSAOみたいに快調にアニメ化してゲーム化してくれたらいいですね。こういう系のゲームって最近ないような気するんで。いや、システムがきついか。



絵もアニメーターが描いてるだけあって安定してますし。結構オススメなバトルモノです。



魔法科高校の劣等生〈2〉入学編(下) (電撃文庫)魔法科高校の劣等生〈2〉入学編(下) (電撃文庫)
(2011/08/10)
佐島 勤

商品詳細を見る
スポンサーサイト



COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK