FC2ブログ

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン1下

11-03,2011

10月15日に兄から貰ったホライゾン一巻の下巻。テスト明けで友人から借りた本がたまっていたため中々読めませんでした。

境界線上のホライゾン1〈上〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)境界線上のホライゾン1〈上〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)
(2008/09/10)
川上 稔

商品詳細を見る




厚さ2,5cm・・・・・・ハハハ、これが一番薄い巻なんだぜ。


内容(アマゾン)
各国により分割統治された中世の神州・日本。その上空を8隻からなる都市艦“武蔵”が航行していく―。遥か遠い未来。“重奏統合争乱”を経て、人類の命運を懸けた“聖譜”をもとに歴史の再現を行う国々。そして、さまざまな思惑と決意を胸に、未来を切り拓こうとする人々。重なり合う中世の世界を舞台に、学生達による学園国家間の抗争が始まろうとしていた!AHEADシリーズ『終わりのクロニクル』と都市シリーズの間の時代を描く、壮大な物語“GENESIS”シリーズ、遂にスタート。



感想(ネタバレあり






え? 540ページ? バロスww 俺、シュタゲ読んだしww


とか思ってる奴。

読 ん で み ろ

シュタゲの方は原作があるからなのか、展開が〝あり”ますよね。
こちらは<プロローグ>ということもあり、ストーリーは舞台の政治的なことだけだし、挿絵がたくさん登場するんですが、二枚以外全部キャラクター紹介です。ハハ、用語解説が見開きである、ってどうゆこと?

これを読もうと思っている方は電撃文庫マガジンなりなんなりのアニメホライゾン紹介のページを見てください。無いとキツいですから。
まあ、この巻で今までのアニメ全部なんで読みやすいんですけど。

ということは、これからの巻はどうすればいいんだ・・・・・・、急に心配になったよ。

「こんだけ厚けりゃあとがきは」とか期待してましたが結局2pでした。そこは守るのかww

あとがきといえば、作者さんが「20数年越しのリベンジとなります」って言ってるんですが、生まれが75年でこれが出たのが08年ということは
中学生から? いや、ないか、ないよな!!


この厚さもありますし、内容が難しいのも、キャラのテンションが嫌いな人もいると思いますが、がんばろうとすればいけます。それが自己満足へと繋がります。あっと、ラノベは用法・用量を守らないとな!
まとめますと、財政力と粘り気があればいけます。あと電撃文庫マガジン。


内容事態は面白く読めたんですが、挿絵の質がちょっと満足できませんね。表紙とかカラーはキレイなんですけど、挿絵が・・・・・・。まあ、このペース、この量にトーン無しで付いていくのはすごいと思うンですが、やっぱりなあ・・・・・・。

そういえばこの作者、イラストとかも描けますよねアクセルワールドの巻末付録?で。
言っちゃ悪いんですが一昔前のラノベ風で、どこか寂しげな絵です。



まあ、アニメ化もしましたし、気になる人は是非読んでみてください。



境界線上のホライゾン1〈上〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)境界線上のホライゾン1〈上〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)
(2008/09/10)
川上 稔

商品詳細を見る
スポンサーサイト



COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK