FC2ブログ

Fate/zero5 闇の脂動

12-06,2011

貯めておいた、Fate感想です。


Fate/Zero(5)闇の胎動 (星海社文庫)Fate/Zero(5)闇の胎動 (星海社文庫)
(2011/05/11)
虚淵 玄、武内 崇 他

商品詳細を見る




ストーリー(アマゾン)
佳境に佳境を極める「第四次聖杯戦争」。衛宮切嗣の謀略と言峰綺礼の暗躍が激しく鬩ぎ合う中で次々と命を散らしていく英霊と魔術師たち…。凄絶な死闘の果て、強敵中の強敵―征服王・イスカンダルとの対決がセイバーの目睫に迫る。VMAX改を駆り、刹那の狭間の“向こう側”を駆け抜けるセイバーに、果たして勝機は見えるのか!?これは始まりに至る物語―。絶境の5巻。









では感想です、(ネタバレあり)




3巻をすっ飛ばしてここまで着ました。






物語も終わりに近づいてきましたね。
今回はバトルは少なめで一巻と同じく人間関係が軸でした。

とはいっても唯一のバトルである「ライダーVSセイバー」の騎乗戦は活字ながら迫力もあってまさに息を呑む展開でした。
てかこの形で戦わせたのって絶対虚淵玄の趣味だろ、とか思いながら読みました。バイクとか。



話は戻りますが今回の人間関係の発展。

綺礼はどんどん堕ちていって、ステイナイトに近づいてきてます。時臣も殺したし。きっとこのまま髪の毛を伸ばしていくのでしょう。
切嗣は逆に人間味を帯びてきましたね。身内がピンチだし。それと過去編も混ぜながら切嗣の内面が段々出てきています。
ウェイバーは成長してきてますね。はい、それだけです。

舞弥はまあ、ベストな感じで死にましたし、逆に葵は一番残酷な形で死んでいきましたね。「誰も好きになったことないくせに」のくだりですごい絶望感が読者と雁夜を襲ったでしょう。ああ、まどかの作者だけあるわ。
感情移入しやすい時臣と雁夜おじさん。片方は死んでもう片方は・・・・・・どうなったか知りませんが、もう魂抜けたでしょう、まさにバーサーカー状態。アニメの一話であんなに仲が良かったのに、まさか葵がああ言うとは思いませんでしたよ。
今アニメでやってる辺りでは「ギルガメッシュと綺礼がんばれー」状態ですが、段々ブーイング入ってきました。

どうなるラスト、最終巻ーーー!?

そして3巻を無事読むことができるのか。←読めました。



Fate/Zero(5)闇の胎動 (星海社文庫)Fate/Zero(5)闇の胎動 (星海社文庫)
(2011/05/11)
虚淵 玄、武内 崇 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト



COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK