FC2ブログ

ベン・トー5 北海道炭火焼き秋鮭弁当285円

06-12,2011

友達から借りたベン・トー五巻です

ベン・トー 5 北海道産炭火焼き秋鮭弁当285円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー 5 北海道産炭火焼き秋鮭弁当285円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2010/01/22)
アサウラ

商品詳細を見る


ストーリー(アマゾン)
半額弁当争奪バトルに青春を賭ける佐藤洋たちHP同好会は合宿を終え、地元に戻って日常の争奪戦に精進していた。そんなある日、佐藤のかつての憧れのクラスメイト、現在芸能アイドルとして活躍する広部さんが転校生として現れる。傍若無人の振る舞いをする彼女に、案の定巻き込まれる佐藤は、徐々に弁当争奪戦から遠ざかってしまう。さらに、しばしの沈黙を破り、再び立ちはだかる猟犬群たちの乱入で戦闘は激化していき…!佐藤は「狼」としての誇りを失ってしまうのか!?それとも秋鮭のごとくスーパーに戻ることはできるのか―!?庶民派シリアスギャグアクション、原点回帰の第5弾。


感想↓(ネタバレ)
まず疑問に思ったことをいいます。

最初の見開きのカラーページ、キャラクターの名前の紹介が書いてある奴です。
なんか右側だけ印刷がボケてるんですよね。
なんででしょう・・・・・


今回の感想は三つで分けて書きたいと思います。

<ホブヤー>
主人公である洋とその幼馴染のあやめが地元で半額弁当を買うストーリーです。
そこで<ホブヤー>こと大谷昌義に出会いスーパーに案内されます。
スーパーに着いたらそこにいたのは大谷の知り合いの牧という狼。自己紹介をした後、半値印証時刻(ハーフプライスラベリングタイム)に突入します。
「腹の虫の加護」の力をいつも以上に受けた洋に負けた大谷と牧。
気を失った大谷が目を覚ますとそこは近所の公園。そこで久しぶりに話し合う幼馴染二人。牧は昔、「大谷が牧を守ってやる」といってくれていたのに今ではそんな強がりも言ってくれないことや、
「綺麗だ」とか「好きだ」とかの言葉をこんな自分にも言ってくれたこと。そして今ではもうそんな言葉も言ってくれないこと。
だんだん悲しそうになってくる牧に向かって大谷が「牧に背丈を抜かされて悔しかったこと」や「今までずっと牧が好きだった」を言います。
自分でも何を言ってるか分からないほどに。
いつもは男らしい態度をとる牧が怯えた様子で「こんな女の子でもいいですか?」と言うと大谷は大声で、無様なほどに全力で言います「関係ねぇよ! 昔から俺はお前が大好きだ!」
そうして二人は夜の公園で二人きりの夕餉を過ごしました。

「ベン・トー」を読んだことの無い方は思ったでしょう。
これが「半額弁当を奪い合うストーリー」の本なのかと。

本当はもうちょっとストーリーに説明があるんですが自分の文力がないので止めました。

主人公達にUSBの語源について話したときには笑って、
牧に今までの自分の気持ちを言ったときには感動ました。
大谷の自分でも途中から何言ってるのかわからなくなるのをこう利用するとは・・・、って感じです。


まあ、でも大谷に言いましょう。
3章のお前にはがっかりだよぉぉ!!

<真・ダンドーと猟犬群>
沢桔姉妹が出てきましたね。
二階堂さんは!?
どうしてあんなにかっこよかった二階堂さんが出ないんだよ!しかも友達が「次もその次の巻も二階堂でない」とかいっちゃったし!

ふぅ、さて。個人的にちょっと微妙でした。人数が多すぎてシーンを創造しにくいとかもあるんですが、感動がすくなかったです。シリアスギャグアクションである「ベン・トー」にしてはめずらしかったですね。

<鬼灯ラン>
まさに原点回帰でした。
たぶんこの3章は「主人公が狼に戻れるのか」ではなく(それもあるんですが)
「一巻のはじめの主人公と成長した主人公の差」を広部さんと今の洋で表現したかったんだと思います。
そして何度読んでも山原をデュラララの某キャラクターを想像してしまうという・・・・・・。


てな訳で88点!シリアスアクションおもれー!

ベン・トー 5 北海道産炭火焼き秋鮭弁当285円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー 5 北海道産炭火焼き秋鮭弁当285円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2010/01/22)
アサウラ

商品詳細を見る
スポンサーサイト



COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK